毛誕節(毛诞节)-毛沢東の誕生日

12月26日は毛沢東主席の誕生日である毛誕節中国情勢

12月25日はクリスマス、日本では浮かれたカップル達が「性なる夜」を過ごす日である。

しかし、中国では少し様子が変わっているという。ロイターの記事より。

北京や上海などの「外国人の目が多い都市」(←ここ重要)ではふつうに祝われており、クリスマスツリーもショッピングモールで飾られているのだが、地方に行くとクリスマスが当局によって「制限」されているという。河北省では警官がぐるりとキリスト教の周囲を囲み、蟻一匹出入りさせないぞというくらいの人の壁であった。
当局がなぜこんなにナーバスになっているのかは、他の理由があるのだが、話が外れそうなのでまたの機会に。

人民
人民

クリスマスを祝えないアルか!💢

人民たちの恨み節が聞こえてきそうだが、中国には聖誕節(クリスマスの中文)以上に素晴らしい誕生日が控えている。

毛主席万歳

中国の偉大なる赤い彗星、じゃなかった、紅い巨星、毛沢東主席の誕生日である。
それが本記事のタイトル、毛誕節(毛诞节)である。

スポンサーリンク

毛誕節とは

毛沢東の誕生日は12月26日、なんとクリスマスの次の日。そして、本日は偉大なる毛主席の誕生日でもある。

ここで、毛主席を心から敬愛する日本人として、中国人民の皆様へ毛主席の誕生日をお祝い申し上げる。

筆者
筆者

Merry Maostmas !!

毛诞节快乐!!

しかし、意外なことに、国を挙げて盛大にお祝いすべきこの日は至って静か。北京でミイラとなっている、

毛沢(以下検閲
毛沢(以下検閲

よくもをぼっちにしたアルな!

と何千万人を殺した世界一のぼっち嫌い主席は、さぞかし寂しがっているだろう。

それどころか、こんな素晴らしい記念日なのに、”毛诞节”はどうやら中国ネットではNGワードになっているらしい。

これは怖い…マジでやばい…。日本から百度で検索しても異常なしなのが、余計に怖い…。

毛誕節、12月26日にふさわしい素敵なワードがあるのに人民の間では驚くほど知られていない。試しにググってみても、ツイッター検索してみても、チラホラ見かけるくらいである。

やはり、我々自由主義国の民たちが壁の中の人民に伝えなければならない。Freedom Maostmasと。

自由主義国住民が忠告する。
人民はサンタではなく、サタン…じゃなかったマオチューシー(毛沢東)を敬うべきである。

我々壁の外の住人は言論と表現の自由があるので、こんな設定をしてみた。

毛誕節快楽毛诞节快乐

12月25日は毛節である。

毛蛋節快楽毛蛋节快乐

そして、11月25日は毛節(チャーハン記念日)である。

中国語がわからない人に解説すると、「誕」と「蛋」は同じ発音なので文字の入れ替えができる。それをもじっている。発音は同じく「マオタンチエ(mao2 dan4 jie3)」。

「毛蛋節」については、巻末リンクにある「チャーハンで大炎上!毛沢東の息子とチャーハンの故事」の記事を見てほしい。

最後に、今は亡き香港の新聞、林檎日報(アップルデイリー)に書かれていた、こんなポエムを紹介して終わりとする。

昨天是圣诞今天是毛诞。天使与魔鬼,仅仅是一步之遥」
(昨日聖誕、今日毛誕。天使と悪魔がすぐ隣合わせ)
1

チャーハンで大炎上!毛沢東の息子とチャーハンの故事|台湾史.jpー中国情勢支店
◆チャーハンで燃えチャイナ!炎上したチャーハン動画 11月下旬、中国ではこんな話題がトレンドになっていた。 中国で人気がある料理系インフルエンサー王剛氏が、「今日の料理」とばかりに蛋炒飯(チャーハン)を作っただけで大炎上。後日文革顔負けの謝罪動画をアップしたというものだった。 元動画より ここで私が驚いたことは、王氏が...

辱華(乳滑)ー中国トレンドワードから見る中国人の心理【中国コラム】
これは中国人を差別しているアルよ!💢 時折、何かに発狂している中国人をネットで見かける。 これを”辱華”という。 台湾や香港、中国のいわゆる中国語ネット界では毎日のように飛び交っているこの言葉だが、日本ではあまり馴染みがない。その証拠に、試...

白色に対する中国人・台湾人の色彩感覚
筆者 今日は中国や台湾人の色彩感覚について語っていくで~ さくら よろしくお願いします! 中国人がネットでつぶやく本音を翻訳して拡散する、「大翻訳運動」なるものがある。 さくら 大翻訳運動って何ですか? 筆者 そりゃ知らんのも仕方ないかもな...
  1. Merry Mao-mas 湖南人不贺圣诞贺毛诞
タイトルとURLをコピーしました