日本統治時代の台湾の時差-日本には時差が複数あった!

西部標準時台湾史

数年前になるが、台湾でこんな話題が出ていたのをご存じであろうか。

□朝日新聞より
現在、台湾の時間ゾーンはGMT+8となっている。わかりやすく言うと日本より1時間遅い時間帯である。それを日本や韓国と同じ時間帯にしろという提言が、政府の政策委員会に寄せられたというのだ。
理由は、中国との差別化。委員会は2ヶ月以内に政府として何らかの見解を出すとしているが、2017年の記事なので見解はNoだったのであろう。
ところで、日本統治時代の台湾と内地の時差はどうなっていたのであろうか。
スポンサーリンク

大日本帝国の時差

現在の日本の時間帯は、言わずと知れたGMT+9で、時間帯は一つしか存在しない。
が、戦前にはGMT+9だけでなく、もう一つの時間帯が存在していたのをご存じだろうか。
その一つが、台湾を中心とする「西部標準時」である。
ご存じのとおり、1895年(明治28)に日本は日清戦争の下関条約において、台湾を獲得した。
台湾領有の約半年後にあたる12月、以下の勅令が定められた。により以下の勅令が発せられた。
「標準時二関スル件」(勅令第百六十七号)
第一条 帝国従来ノ標準時ハ自今之ヲ中央標準時ト称ス
第二条 東経百二十度ノ子午線ノ時ヲ以テ台湾及澎湖列島並ニ八重山及宮古列島ノ標準時ト定メ之ヲ西部標準時ト称ス
第三条 本令ハ明治二十九年一月一日ヨリ施行ス
現在の日本は兵庫県明石市の東経135度が標準時となっているが、正式名称は現在でも「中央標準時」となっており、この勅令により「西部標準時」も制定された。日本に時間帯が二つ誕生したのである。
興味深いのは、新設の西部標準時のエリアには台湾だけでなく、沖縄県の八重山諸島、宮古島も入っていること。当時の日本政府も、地理的に近い諸島を同じ時間帯に入れるという粋な計らい(?)をしていたのである。
その後、この西部標準時は満洲国にも適用された。

もう一つの時間帯

実は日本には、もう一つ、いや実質それ以上の時間帯が存在していた。
日本からはるかに南、南洋諸島の時間帯である。
日本の委任統治領
南洋諸島は、厳密に言えば日本領ではない。が、日本は南洋庁という官庁を置き、本格的に開発に力を入れ当時の国際社会も「実質的な日本領」と認識されていた。南洋諸島を「外地」に入れる研究者もいる。
その南洋諸島には、東西に広かったせいか時間帯が3つも存在していた。南洋庁が置かれたパラオなどの南洋諸島西部標準時(UTC+9。日本と同じ時間帯)、サイパンなどの中部時間帯(UTC+10.日本より+1時間)、そしてやルートなどの東部時間帯(UTC+11。日本より+2時間)である。

そして統一へ

しかし、交通網の発達、特に航空機の旅客輸送が始まったのと、ラジオの登場により、国内に時間帯が複数あることが足かせになってきた。
そこで、1937年(昭和12)9月24日に公布された勅令第五百二十九号で、
明治二十八年勅令
第百六十七号中左ノ通改正ス
第二条 削除
とあり、西部標準時が廃止され、内地と同じくGMT+9となった。3つの時間帯があった南洋諸島も、UTC+9と+10の二つに改編された。
これにより日本領はすべて中央標準時に統一されたのだが、興味深いのは「中央標準時」の名称は現在でも用いられているということ(日本標準時という呼び名もある)。この呼び名は明治時代、台湾が日本領になった「記念」の生き残りという見方もできる。現代日本にも、台湾が日本領だった残滓が意外なところで残っているのである。
http://taiwanhistoryjp.com/tatami_taiwan/
http://taiwanhistoryjp.com/picture_of_old-taichung-station/
http://taiwanhistoryjp.com/taihoku_high-school2/
タイトルとURLをコピーしました