台湾史.jp

その他雑想

【第ニ章】上海の”日本租界”を歩く-先人たちの跡を訪ねて

前章はこちら。 戦前は熙華路(Seward Road)と呼ばれ、現在は長治路と呼ばれる道路の周辺も、昔の建物がよく残り、租界時代の住宅地の名残をよく留めている。 すでに20年前になるが、バックパッカーとし...
その他雑想

【第一章】上海の”日本租界”を歩く-先人たちの跡を訪ねて

序章-「日本租界」とは何か 戦前の中国上海。 東洋でありながら西洋の街をコピペしたような華やかな表の世界と、スパイと秘密警察、アヘン商人が暗躍する裏の世界。 光と闇が紙一重に混在するこの都市を、人は「魔都」と呼んでいた。 当...
台湾史

日本統治時代の台湾の時差-日本には時差が複数あった!

数年前になるが、台湾でこんな話題が出ていたのをご存じであろうか。 □朝日新聞より 台湾の標準時「日韓と同じに」 提言に多数の賛同集まる 現在、台湾の時間ゾーンはGMT+8となっている。わかりやすく言うと日本より1時間遅い時間帯であ...
台湾史

八日市の忠魂碑に見る台湾史

滋賀県八日市市、近江鉄道八日市駅の西側には、「延命公園」という公園がある。市民の憩いの場として延命山という小山を整備して作られた公園で、桜の木が植えて春になったら花見の名所としてにぎわいを見せるという。 そんな公園の片隅に、ひっそ...
台湾に残る日本語

アタマコンクリ-台湾に残る日本語

アタマコンクリ 台湾に残った日本語は、日本統治時代を経験した日本語話者の減少で年々と少なくなっているが、それでも根強く残っている単語は多い。 その中でも、一風変わった「日本語」を今回紹介する。それが今回の主役、「アタ...
外国語エッセイ

マンダリンとマンドリン

突然ですが、問題です。 「英語で『中国語』って何て言うのでしょうか?」 お前ナメとんのか!と小突かれそうですね(笑) パッと思いつくのが "Chinese (language)"ですよね。 そんなん当たり...
その他雑想

三国志の故事成語『呉下の阿蒙にあらず』

二つの『三国志』 この故事成語の出典は、日本男児はみんな大好きな『三国志』です。台湾でも人気はあり、台北にはこんな広告もあります。 「おう、関羽の兄貴!今晩劉備の兄貴んとこで麻雀しねーか!」 とMRT(地下鉄)の中で大声で...
台湾史

岸田総理大臣と台湾のつながり-台湾史秘話ヒストリア-

(首相官邸HPより) 2021年10月4日、臨時国会にて岸田文雄氏が総理大臣に選ばれた。 日本の内閣制度が始まって130年近く、ついに第100代という記念すべきキリ番に岸田氏が就任した。 岸田氏と台湾とのつながり!? 海の向...
台湾史

長谷川清-隠れた台湾の名総督

最近、日本と台湾の関係が急速に近づいていますが、台湾の発展に貢献した日本人と言えば、児玉源太郎・後藤新平・八田与一・明石元二郎などなど、「台湾に貢献した日本人」などでググれば名前が出てきます。 ところが、どのサイトを見ても、「あの人」...
台湾情勢コラム

「台湾独立」とは何か-初心者でもわかる台湾政治

昨日7月1日、海の向こう中国では共産党建党100周年を祝う式典が行われた。 その中で習近平国家主席は、「いかなる台湾独立のたくらみも断固打ち砕く」と述べ、「台湾統一」に強い執念と、「台湾独立」に対する強い警戒心が窺える...
タイトルとURLをコピーしました