八日市の忠魂碑に見る台湾史

八日市の延命公園の忠魂碑台湾史


滋賀県八日市市、近江鉄道八日市駅の西側には、「延命公園」という公園がある。市民の憩いの場として延命山という小山を整備して作られた公園で、桜の木が植えて春になったら花見の名所としてにぎわいを見せるという。

そんな公園の片隅に、ひっそりとある石碑が建てられている。

八日市の忠魂碑

「忠魂碑」と書かれた碑…忠魂碑とは、戦争で亡くなった人の霊を慰めるために作られた石碑で、石碑の前にある五芒星(☆マーク)からして、陸軍関係なことは明らかである。
八日市から出兵した人たちのか、昭和の戦争中八日市にあった飛行聯隊の戦死者の共同慰霊碑かな、と思って近づいて見てみた。

八日市の忠魂碑

意外なことに一個人、それも一兵卒の忠魂碑。
別ブログにて、大阪市内のど真ん中にある日本最古の陸軍墓地、真田山陸軍墓地のことを書いたのだが、同じ軍人のお墓でも一兵卒の墓は質が悪い墓石を使っているせいか、崩壊が激しく墓石の文字が全く判別できないことが多い。が、将校などの偉いさんのものは、質の良い石を使っているせいか、100年経った現在でも保存状態がすこぶる良好である。墓石にも「ランク」があるのだと勉強になった。

この八日市の忠魂碑に書かれている人物名は、「高瀬清太郎」。階級は上等兵。上等兵は兵卒の中でも古参兵ではあるが、しょせんは古参兵な程度、軍隊に3年いるとほぼ自動的に昇進する階級である。
たかが…と言えば失礼な表現だが、上等兵一人のためにこんな立派な忠魂碑が建てられるとは、異例中の異例だと思う。

この忠魂碑の保存状態は至って良好で、画像見てもわかるように、石に彫られた文字もはっきり読み取れる。それによると、明治29年12月15日に台湾の大坪頂という場所で、23歳で亡くなったとある。

さて、明治29年(1896)に何があったのか?
1894年(明治27)に始まった日清戦争は1895年(明治28)に終結、下関条約によって台湾が日本の領土になりました。
清側から見れば

台湾?欲しけりゃくれてやる!

だった「化外の地」などくれてやるということで、日本はありがたくいただいたわけである。
が、自分らの意思に関係なく「日本人」になってしまう台湾住民は、たまったものではない。

日本の言うことなど聞かん!

と、当時の清朝の役人によって「台湾民主国」が作られた。人によっては、これを「アジア初の共和国」とする者もいる。ところが、これが紙より脆く日本軍がやってきたら見事に崩壊。
それどころか、崩壊した「台湾民主国」の軍隊が盗賊化して街を荒らす始末で、地元の知識人が「日本軍さん、どうにかして」と日本軍の陣地に駆け込んだほどであった。

で、そんな乱暴狼藉を働く人間を追い出し(というか勝手に大陸に逃げていった)、1896年(明治29)に台湾総督府ができてめだたしめでたし。
…とそうは素直に問屋が卸さない。ところどころで日本には従わないグループが武装蜂起し、駐留してきた日本軍を悩ませていた。総督府側もただ見守っているだけではなく、武力をもって討伐していた。

この状態は、明石元ニ郎総督(1918年6月6日~1919年10月29日)時代になってやっと落ち着くのだが、当時の日本軍を悩ませたのは、実は住民の反乱ではなく台湾に蔓延していた病気。
台湾は「瘴癘(しょうれい)の地」と呼ばれ、マラリアや赤痢、ペストなど熱帯性の病気が日常的に蔓延していた。デング熱は当時は台湾にしかない病気とされた。
特に熱帯性マラリアの猛威は罹ったら数日で死亡するほど激しく、実際にドンパチして銃弾が当たった戦死者より、マラリアで死んだ戦病死者の方がはるかに多い始末であった。日清戦争終結後から「台湾民主国」崩壊で台湾が沈静化するまでの日本軍の死者は約5,320人。うち戦病死者が4642人。なんと戦病死率87.3%。ほとんどがマラリアと思われる。

この忠魂碑にある「高瀬清太郎」なる人物も、石碑には「戦死」って書いてるけど、実際はマラリアで亡くなったと思われる。病死だと体裁が悪いだろうし。

で、彼が戦死した「大坪頂」とは一体どこか?
台湾のサイトで調べてみると、『大坪頂』は一か所だけではなく何ヶ所か存在していた。その中でもいちばん可能性が高いのは、今の台中市と台南市の間にある雲林県の大坪頂。
現在は地名としては残っていないようだが、1896年4月、ここで日本統治に反対する地元と日本軍混成第二旅団で激しい戦いが行われている。ただし、「高瀬清太郎」氏が死亡したの12月なのでこの戦闘とは関係ない。

そんな故郷から遠く離れたとこで死んだ彼は、どのような気持ちで当時の台湾を見てたのだろうか。それは想像に任せるしかない。

しかし、ここで最大の謎が残る。
すでに述べたが、たかが一兵卒の高瀬清太郎なる人物の忠魂碑が、何故こんなに立派なものなのだろうか。陸軍中将くらいならこの大きさはわかるのだが、一兵卒にしてはスペックが高すぎる。
忠魂碑自体は、明治32年(1899)に作られたものとは忠魂碑自体に書いているのだが、「高瀬清太郎」の父親あたりが地元の実力者だったのだろうか。
しかし、図書館で調査依頼をしても資料は見つからず、現在でも謎として私の知識の中で沈殿している。

タイトルとURLをコピーしました