2017年台湾の旅-高雄牛乳大王・・・あれ?

高雄牛乳大王台湾文化

旅行の時、現地に着いたらまずこれをやりたい、○○を食べたいなどという事が誰しもあると思います。
テレビやネット、写真などで見て体験してみたい、友達が是非にと薦めていたなど理由は様々だと思うが、その目的の一つに「思い出」というものも存在する。
幼いころに食べたあの味、大人になってもう一度味わいに行く、そういう旅行も浪漫があり誰にも干渉できない自分だけの世界に浸ることができる。

かく言う私も、今回台湾に行ったら必ず「もう一度」経験したかった事が、一つあった
足つぼマッサージ?鼎泰豊で小籠包?台北101?

いやいや。

私の目的は

f:id:casemaestro89:20170829132159j:plain

ここである。

 

 

スポンサーリンク

思い出の『高雄牛乳大王』

『高雄牛乳大王』というフルーツジュースのチェーン店である。軽食も売っているので、日本のようなフルーツバーではなく喫茶店以上ファミレス以下という立ち位置かと思われ。

ここの目玉は、「木瓜牛奶」ことパパイヤミルクジュース
「パパイヤ」は南国原産のフルーツで、台湾は「パパイヤ島」と一時は呼ばれたほど、そこらじゅうに天然パパイヤの木が生えていたそうな。よって生産量も多く、バナナ、マンゴー、パパイヤは台湾三大フルーツと言って良い。
「台湾中に腐るほどある」と台湾人が言っていたほどのパパイヤ、昔からジュースにして飲む習慣があったのだろう。

台湾のパパイヤジュース屋(木瓜牛奶)

台湾の街角を歩いていると、「木瓜牛奶」という看板の店が街中で目につく。台湾の飲み物といえば、ウーロン茶とタピオカ入りのミルクティー、「珍珠奶茶」が日本では有名だが、パパイヤミルクジュースも多く、「珍珠奶茶」などなかった…いやあるにはあったが今ほどメジャーではなかった20年数前は、パパイヤミルクジュースがいわば「国民飲み物」と言えるものであった。
私は豆乳系が全くダメなので、台湾名物の豆漿も全くダメ。
グルメ的に少々損をしている感があるが、台湾に住んでいた頃はほぼ毎朝、パパイヤミルクジュースを飲んでいた。豆漿がダメならパパイヤジュースでええやんと私なりの発想の転換(?)だったのである。

そうして色々な場所で飲んでみて、あることがわかった。
「パパイヤジュースは意外にマズい」
フルーツ独特の酸味が効きすぎか、味が濃すぎてマズいバリウムを飲んでいる感覚なののである。いや、最近のバリウムがフルーツ味になっているのか。
100%パパイヤジュースは賛否両論もののクセがある味だが、牛乳を加えると不思議なほど美味になる。さらにキンキンに冷えていると、なおさら台湾らしい南国風味が。パパイヤの成分に「パパイン」というものがある。消化機能を助けタンパク質の分解効果があるのだが、これは熱を加えると壊れてしまう。キンキンに冷えたものを飲むということは、理にかなっているのである。

パパイヤミルクジュースは、屋台クラスの露天でもふつうにあるのだが、その最高峰(?)に位置するのが『高雄牛乳大王』。
屋台クラスだとNT$4~50くらいで飲めるものが、『高雄牛乳大王』だと確かNT$70か80でお値段は1.5~2倍。値段だけならあまり割に合わなそうである。
が、それだけあって旨さは格別。パパイヤとはこんなに美味いものなのかと認識してくれた飲み物、それが『高雄牛乳大王』のパパイヤミルクジュースだった。
それからパパイヤミルクジュースにハマり、香港や中国でも「木瓜牛奶」という看板を見ては飲んでいましたが、その原点は台湾。
「台湾とくれば○○

の○○の部分は人それぞれだが、私は即答で『高雄牛乳大王』の木瓜牛奶を挙げる。ここでパパイヤミルクジュースを飲まないと、台湾に帰ってきた気にならない。台湾に行くと決めた時から、真っ先に向かうはここと既にロックオンしていた。

 

台北の『高雄牛乳大王』へレッツゴー

『高雄牛乳大王』の場所は、20年経っても場所ははっきり覚えている。現実には無理ではあるが、目隠ししてでも行けそうなほど身体が場所を覚えている。当然、地図など不要。
20年の月日は台北の町並みを変えたものの、道筋は変わっていない。道筋さえ変わっていなければこっちのもの。
『高雄牛乳大王』はチェーン店だったので、昔は台北だけでも何店舗か存在していた。はっきりとした数は覚えていないものの、けっこう至る所にあったような記憶がある。台北駅前周辺には残念ながらなかったものの、私が通いつめていた場所には必ずあるはず。
今の時代、あるかどうかなんてググればすぐわかることなのだが、私は敢えて調べず。
ドキドキワクワク感をキープしながら足を進めてみる。これも旅の醍醐味。ググって結果がわかってしまったら、面白さが半減してしまう。

 

f:id:casemaestro89:20170829145037j:plain

宿のOxygen Hostelから目指す『高雄牛乳大王』までは、徒歩で20分くらいの距離。実は、宿の前にバス停がある市内バス22番に乗ると、あっという間に目の前まで行くことができるのだが、せっかく台北に来たのだから、あたりの光景を見ながらのんびり歩こうじゃないかと。
歩いていると、何か美味しそうなネタも見つかるかもしれないし。

地図で見るとそれほど遠くもなく、一見するとすぐ着きそうな距離に見える。私も脳内測定(思い出と若さ補正付)だと楽勝な距離のはずであった。

が、やはり台北の38℃の炎天下でのウォーキングは、アラフォーの身にとってはかなりの苦行。「汗が滝のように身体から流れる」などという月並みな表現があるが、この時はこのベタな表現の如く、とにかく汗が止まらない。
水や現地で売っているポカリスウェットをいくら飲んでも、汗で垂れ流し同然。
休憩なしでストレートに向かえるはずが、何度も休憩せざるを得ない状況に。台湾の暑さが酷いのか、私が年を取ったのか。後者はできれば認めたくはないが、たぶん後者なのだろう。

 

中正紀念堂の通路で遊ぶ女の子たち

しかし、暑いのは台湾人も同様。「中正紀念堂」という建物の脇にある通路には、多くの人が避暑のため集い、子どもたちが遊んでいた。こんな日差しの真下で遊んでいたら、子どもも熱中症で倒れるわな。

20分くらいで着くはずが、休憩に次ぐ休憩を繰り返し、予定の倍以上かかってやっと目的地へ到着。正直、着いた頃は意識が半分飛んでいたのは言うまでもない。

さて、『高雄牛乳大王』があるはずの場所に行ってみると。

f:id:casemaestro89:20170829191838j:plain

なんだかイヤな予感しかない。
道の表記を見てみると杭州南路と信義路の交差点。場所はここで100%間違いない。

NEXT⇒そこにあったのは高雄牛乳大お…?
タイトルとURLをコピーしました