あなたの知らない外行語の世界

外行語外来語 外国語エッセイ

「最近の日本語は乱れている!!」

という声をよく聞きます。20年前も、10年前も、そして今も(笑)

特によく聞かれるのが、

「カタカナ語が多い」

ということ。特に最近は英語の氾濫で日本古来のことばが滅んでしまうのではないか・・・そう声高に主張します。

別にカタカナ語は今に始まったことではありません。
明治時代の学生の話し言葉を忠実に描いた「当世書生気質(かたぎ)」には、こんな会話があります。

「我輩のウォッチではまだテンミニッツ位あるから急いで行きよったら大丈夫じゃろう」

お前はルー大柴かと突っ込みたくなりますが、当時はこういう英語やドイツ語混じり会話がインテリの間で流行していました。

だから、そんなに神経質にならなくても言葉は自然に駆逐されるものだし、仮にカタカナ語に駆逐されたとしても、文書として残るので滅びはしません。

日本語は、外来語を柔軟に受け入れるソフトな言語に入ります。英語も歴史的経緯から、かなり柔軟に外来語を吸収できる軟体動物のような言語なのですが、英語が世界共通語になったのも、そんな軟体動物ぶりが一因というのが私の持論です。逆に言うと、19世紀に英語と国際共通語の座を争っていたフランス語が敗れたのは、外来語の流入に保守的だったからじゃないかなと。

中国語は逆に、外国語をいちいち意訳します。

たとえば、DVDは「数字視頻光盤」。「デジタル(数字)」「ビデオ(視頻)」「ディスク(光盤)」をいちいち漢訳したものですが、DVDでええやんか!と思うでしょ?

中国人も内心ではそう思うみたいで、DVDは日常会話ではDVD。台湾人と香港人はもともとDVDです。しかし、中国語を学ぶ人は四の五の言わず、「数字~」の正式名称は覚えておいた方が勉強になります。

 

さて、カタカナ語は基本的には外国から来た言葉。これを「外来語」と言います。
が、その逆って何というかわかるでしょうか。
「海外に出て行き現地の言葉として定着している日本語」。それを、「外行語」と言います。「がいぎょうご」なのか「がいこうご」なのか、この記事ではどちらでもいいということにしておきます。どっちで入力しても変換できないし。

本日は、そんな「海を渡った日本語」の世界を。

タイトルとURLをコピーしました