日本人はなぜ英語など外国語が苦手なのか?歴史・文化的5つの原因

日本人はなぜ英語が苦手なのか 外国語エッセイ
スポンサーリンク

「日本人はなぜ英語が苦手なのか」という永遠のテーマ

海外で働いていた頃、外国人によく聞かれる質問のトップ3に入るものがありました。

日本人はなぜ、これだけ教育レベルが高いのに英語が話せないんだ?

英語に限ったことではありません。日本人は何故語学が苦手なのか?ある意味我々にとっては永遠のテーマです。

 

いろんな人がいろんな要因を挙げて語っていますが、よく挙げられる説を。

1.日本語は他の言語と比べて文法構造がうんぬん

この理屈が成り立つのであれば、韓国人やモンゴル人、フィンランド人も苦手でないと、理屈が成り立ちません。実際は、モンゴル人は英語やロシア語のバイリンガルが多いし、フィンランドの英語普及率は政府が「100%宣言」しています。

これで論理が破綻します。

2.日本は島国だからうんぬん

同じ島国のアイルランド人が英語とアイルランド語のバイリンガルという理屈は?
フィリピンがタガログ語(や他の言語)+英語のバイリンガルということを、「島国」というキーワードで説明できますか?
この論理が成り立つなら、イギリス人は英語しか話せないという理屈になっちゃいますが?

これも論理が破綻しています。

 

私は、外国人が疑問に思う、
「日本人はなぜ英語が話せないのか?」
に、こう答えています。

私

話せないのではない。『話す勇気がない』のだ

私のメイン外国語は中国語なのですが、前職では英語の翻訳・通訳を頼まれたりしていました。話を聞いてみると、頼む方は頼む方で、外国人が何を言ってるのかはわかるそうです。つまり、リスニングは問題ないと。

しかし、わざわざ通訳を呼ぶ。

これは一体どういうことなのか?外国人に説明しても理解できません。そりゃ私も理解できないですから(笑)

今回は、他の人が採り上げない、見落としがちな日本独特の文化的要因から、日本人は何故英語を含めた外国語が苦手なのかを考察していきたいと思います。

NEXT:日本人の語学が苦手な要因とは!?

タイトルとURLをコピーしました