台湾に残る日本語ー黒輪

台湾に残る日本語
スポンサーリンク

台湾の言葉に残る日本語

台湾の歴史には、日本が統治した時代がある。

 

日本が台湾を統治した時代は50年だが、その50年に台湾が現在の台湾である基礎が築かれた。少なくても台湾人はそう認識し、この時代を評価している。

当然、植民地には変わりがなかったのでバラ色ばかりではなかったが、そこは何事も裏表があるのがこの世の常である。別にそれで日本が負い目を負う必要はない。

それはさておき、この50年間に日本が台湾に残したものは非常に多い。

建物など見えるものから、コツコツを一つずつ基礎を積み重ねるという見えない精神的なものまで様々、日本人どころか台湾人も意識していないものも多い。

その中でも、言葉の面の浸透は深く、今でもふとしたところで日本語が使われている。テレビなどを見ていても、華語や台湾語などの外国語の渦の中に、

あれ?今日本語が出てこなかった?

と、台湾言語事情がわからない…いや、わかっていても驚くことがある。そして、台湾の中で日本語が浸透していることがわかると、より台湾に対し親近感を持つこととなる。望むらくは、そこから台湾の歴史に入ってきて欲しいものである。

このブログの「台湾に残る日本語」のカテゴリーは、メジャーなものから、台湾人でもこれって日本語が由来だったの!?という意外なもの(?)まで紹介していきたいと思う。

スポンサーリンク

 

黒輪

台湾の街角を歩いていると、そして夜市へ行くと、必ずこの文字にお目にかかるはずである。

「黒輪」

という文字のお店である。

「黒輪」は台湾華語では” hei1 lun2″(ヘイルン)と読むのだが、これだと何だか全くわからない。

が、これを台湾語で読むと

「おりぇん」

となる。地方によっては「おれん」とも。

実はこれ、「おでん」のことなのである。

 

「黒輪店」を覗いてみると、どこかしら「おでん」ではなかろうか。日本人にとってはそれは「外国料理」には見えない。

味は「おでん」と遠からず近からずとTaiwanizeされているものの、紛れもなく「おでん」が台湾に残った結果、独自の進化を遂げつつ生き残ったものである。

「黒輪」は台湾人の間でもおなじみであり、コンビニでもふつうに売られている。「関東煮」と書かれている店もある。

 

「おでん」がなぜ「おりぇん」になったのか

「おでん」が台湾で進化し「おりぇん」または「おれん」となったのは上述したが、なぜ発音がそうなったのか。

これには台湾語との関係がある。

台湾語には、”d”や”dz(j)”の発音が”L”となる独特の癖がある。私は言語学者ではないので、その理由まではわかりかねるが、確かなのは「ラジオ」や「うどん」も台湾での日常語として残っているものの、発音は「らりお」「うろん」である。

これでわかるとおり、「おでん」も「で」の”de”がL化し、”le”となったものと思われる。

 

台湾に行くと「黒輪」を食べる機会があると思うが、日本・日本語とのかかわりを知って食べると、また別の味が出てくるかもしれない。

タイトルとURLをコピーしました