スペイン風邪と明石元二郎総督

台湾史

中国で発生した新型コロナウィルスによる肺炎(武漢肺炎)は、中国を中心に東アジアや東南アジアの一部にまで蔓延し、日本でも患者が数十人規模で発生している。武漢で不幸にも肺炎に罹った日本人男性が死亡したというニュースも記憶に新しい。

今から100年前、同じようにある伝染病が、東亜どころか全世界で猛威を振るっていた。その名は「スペイン風邪」。世界初のインフルエンザの世界的大流行だったのだが、患者数は全世界の人口の3割にあたる5億人以上、死者は少なく見積もって5000万人、資料によっては1億人とも言われる。

 

1918頃スペイン風邪(はやりかぜ)のポスター

日本もパンデミックの例外ではなかった。1918年夏から1920年夏にかけて患者数2300万人、死者の数は35~45万人とされている1

特に18年~19年の流行が特にひどく、全患者数のほとんど(約2100万人)はこの時期に発生している。1918年12月31日現在の日本の総人口は56,667,328名2なので、全国民の約37%がスペイン風邪の被害を受けたという数字を見れば、その猛威に驚愕するだろう。

当時は「はやりかぜ」と呼ばれていたが、これがのちにインフルエンザの日本語の表現、流行性感冒(または流感)となった。

東京駅を設計した建築家の辰野金吾や、今でも京都大学で「折田先生」として尊敬と同時に二次試験日の「名物」になっている旧制第三高等学校の折田彦市校長が、これで亡くなっている。また、劇作家の島村抱月のスペイン風邪による死去で、当時売れっ子女優だった松井須磨子が後追い自殺したことでも知っている人がいると思う。

 

そのスペイン風邪で亡くなった日本の歴史上の人物の中に、もう一つ、追加されそうな人物がいる。その人物とは、台湾総督を歴任したあの人物である。

=その人物は誰か。「次へ」をクリック=

  1. 国立感染症研究所 感染病情報センターhttp://idsc.nih.go.jp/disease/influenza/pandemic/QA02.html
  2. 日本帝国人口静態統計, 1919
タイトルとURLをコピーしました