台北のゲストハウスOxygen Hostel

oxygenhostel台北 台湾旅行情報

2017年、台湾旅行の入り口の台北で予約した宿はここでした。

 

台北のoxygenhostel(奥斯金旅店)

 

Taipei-oxygen-hostel
Oxygen Hostel(中国語名:奥斯金旅店)というところ。
旅行慣れしている人ならピンとくると思いますが、HotelではなくHostelです。
HotelとHostelは、元々「旅の客」という “hospes” というラテン語を親に持つ単語です。
親単語の形から、”Hostel”の方が原形に近く、単語として兄貴分です。”Hotel”がフランスからイギリスに入ってきたのは17世紀のこと、13世紀の文献に残っている”Hostel”の方が数百年分先輩格なのです。それが時代の変遷で使い方が分かれ、Hostelは宿は宿でも安めの宿という意味として定着しました。
おそらく、若者向けの宿ユースホステルがそれに一役買ったのではないかと思います。

ちなみに、似たような綴りの「病院」ことhospitalも、Hotel & Hostelの兄弟です。Hospitalは16世紀くらいはHotelと同じ意味で使われていました。
日本で言えば安土桃山時代まで、いわゆる宿泊所はHostel、Hospital、Innが併用して使われていました。が、その後Hotelに追い出されたか、hospitalは兄弟と分かれ「病院」として別の生き様を歩むこととなりました。

外国語の世界では、言葉は生き物と申します。生き物である以上弱肉強食の世界から免れません。単語が生き残りのために意味を変えたり、ニュアンスを微妙にズラせたりすることは、英語に限らずすべての言語によくあることです。台湾語に残った日本語の中には、「放送」や「ハイカラ」など日本語本来の意味とはズレて使われている単語があります。これも北京語の流入でビミョーに意味をずらすことによって生き残りを図ろうとした影響かと推測しています。

閑話休題。

スポンサーリンク

Oxygen Hostelとは

f:id:casemaestro89:20170826191638j:plain

Oxygen Hostelは、台北市内の繁華街、重慶南路沿いにある安宿です。私はクセで「安宿」を使っていますが、今は「ゲストハウス」という言い方の方が通りやすいですね。
重慶南路は、日本統治時代からの本屋街として栄え、ネット時代前は台北で本を探すなら四の五の言わずに重慶南路へ行け、というほど本屋がひしめき合っていました。

ところが、久しぶりに来てみると容貌が一変していました。
本屋はあるにはあるのですが、その数はめっきり減り、レストランや生活用品店などに。IT化でネット書店が増えたからなのか、それとも電子ブック化で紙ベースの本の需要が減ったからか、はたまた台湾も活字・本離れが進んだのか。
理由は不明ですが、往年の重慶南路の本の匂いはかなり薄まっていたことだけは確かです。

その代わりに目に入ったのが、”Hostel”の看板。重慶南路というより「重慶南路周辺」にそれが増えているのですが、今や重慶南路や台北駅前周辺地区は安宿街と変化を遂げているようです。

私がいた20年前の安宿は、台北駅の北側にありました。安宿といっても旅行者が泊まるようなHostelではなく、裏路地で世を忍びこっそりと営業している、一昔前の「連れ込み宿」同然のものでしたが。もちろん、今は再開発で跡形もないでしょう。

Oxygen Hostelもその「台北駅周辺ゲストハウス群」の一つで、ホテル予約サイトから偶然見つけただけですが、周辺の同じホステルとくらべて安いと思ったことは確実です。そうでも思わないと泊まらないから。

 

臺北奥斯金旅店

 

f:id:casemaestro89:20170824225453j:plain

繁華街の中心にある上に、1階ロビーはカフェ&バーになっているので、初めての場合は意識して見ないとわかりにくいかもしれません。私も地図を見ながら歩いていたのですが、一度通り過ぎてしまいました。

 

f:id:casemaestro89:20170824225435j:plain

チェックインは15:00から(チェックアウトは11:00)ですが、それまでに来てしまった場合、無料で荷物を預かってくれます。
料金は前払いで、現金・クレカどちらでも可能です。

 

台北のゲストハウスoxygenhostelの階層図

Oxygen Hostelの配置は、2~3階が女性用、4階が男性用の部屋となっています。
女性用の方が階数1つ分多いということは、おそらく女性の利用が多いのでしょう。

 

台北oxygen-hostel5階洗濯機

5階は共用スペースとなっており、NT$50で使える洗濯機もあります。台湾にはコインランドリーもありますが、宿の中の洗濯機は中~長期滞在者にはありがたい設備です。この宿の周りにはコインランドリーがない上に、値段も良心的です。
さらにありがたいのは、洗濯したもののハンガーがないから干せない…ということがないこと。ちゃんと共用ハンガーも置いてあります。

 

Oxygen Hostelの部屋

oxygen-hostelのドミトリー

部屋はゲストハウスにはよくある多人数部屋、いわゆる「ドミトリー」です。
バックパッカーの世界では「ドミ」だなんて略してしまいますが、ここでは略さず「ドミトリー」とします。
他の部屋は知りませんが、私が泊まった部屋は8人部屋。まあドミトリーとしてはふつうです。

 

ドミトリーは「旅人専用部屋」と言っていいと思います。
部屋の住人は例外なく「旅人」です。仕事の出張で宿はドミトリーにするか!…なんて人は、私のような変わり者以外はいないでしょう。
ドミトリーには、同じ部屋に住む見知らぬ者どうしが自然と声をかけあい、だんだんと仲良くなっていく楽しみがあります。
ネットが普及する前、旅の情報ステーションでもありました。世界各地を旅しているスナフキンかバガボンドが集まり…いや、そういう連中しか集まらないのだから、人も集まれば情報も集まるのは自然なこと。

旅の仲間どうしで情報収集をしたり、たまたま目的地が同じでパーティーを組んで旅をしたり、リアルでドラクエ気分が味わえます。
私は若い人、特に大学生によく言います。家でドラクエやってるなら、バックパック担いで「リアルドラクエ」やって海外でスライム叩いてこいやと。そして、それが必ずプライスレスの財産になるぞと。
ただし、ルーラは金がかかるし死んでもザオリクはないぞと。

私が泊まっていた時は、日本は夏休みでも台湾は平常運転なので客は少かったですが、挨拶がてら同じ部屋の数人と話してみました。

一人は北海道の方で、台湾ははじめてながらかなり旅慣れている様子。ニセコ在住で冬でがっぽり一稼ぎして夏は自由気ままに旅をするリアルスナフキン。これぞバックパッカーの鑑。
今まで行った国の話をお互い話し、久しぶりのバックパッカー気分でした。

もう一人は台湾人の若い青年で、台湾中部の彰化出身とのことでした。面白かったのは、どちらか忘れてしまったのですが、兵役に行く途中か期間終了で帰郷で、少し時間があるので台北を観光してみようとのことでした。

当時の台湾では徴兵制が敷かれており、満19歳以上の男性は4ヶ月の兵役の義務があります。なお、2019年から徴兵制はなくなっています。
兵役にしては4ヶ月ってやけに短いな、徴兵ってふつう2年とかじゃね?と思ったのですが、調べてみると台湾の徴兵期間は時代と共にどんどん短くなり、2012年から今の4ヶ月になったとのこと。陸海空のどこに配置されるかはくじ引きで決められるらしいですが、彼はくじ運が良かったか(?)台東の空軍で訓練を受けるか受けたかと言っていました。兵役がどういうものかは未体験なのでわかりませんが、4ヶ月ならちょっと長い修学旅行なのかもしれませんね。

 

彼と最初に挨拶した時、私は「早上好」という、おはようの中国バージョンを無意識に口に出していました。
台湾では「おはよう」は、台湾語の「ガウツァー」か、北京語(華語)の「早安」。「早上好」は中国の方で使われるフレーズなのです。なので彼は、
「あれ?雰囲気は日本人なんだけど、もしかして中国人?あれ?」
と頭の中がテンパったそうな。
台湾では「早上好」ではなく「早安」…なのは頭じゃ全然わかっています。が、出てくるのはやはり「早上好」。数十年使い慣れたクセというのは怖いものです。
で、半分くらいフリーズしていた若い衆に、自分が日本人で、大陸(中国)で中国語勉強したからうんぬん…と「タネ明かし」をしてあげると、あ~なるほどねと納得していました。

NEXT:筆者がここをおすすめする理由8選!

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました