李登輝さん死す-台湾民主化の父

台湾情勢
スポンサーリンク

台湾の巨星落つ

まずは個人的な事を書くと、仕事の都合で住み慣れた関西を離れ、東北という新天地での第一歩を踏み出そうとした2020年7月30日、李登輝さん死去の知らせを受け取った。

最近は容体が芳しくないとのことだったので、正直なところそれなりの覚悟はしていた。数日前にも台湾で死去のデマが広がり、私もツイッターで勇み足を踏んでしまい頭を下げたばかりだったのだが、その頭が上がらないうちにこの知らせ。やはりデマとは言え全く根拠のないものではなかったのだろう。

 

李登輝という人物

人生の最晩期に台湾と出会い、「新しき友人を得た」と喜んでいた司馬遼太郎は、台湾の歴史を「数奇」と表現した。
李登輝氏は、台湾の歴史の「数奇」を体現したかのような人物であった。大正12年(1923)、「日本人」として生まれて育ち、母国の敗戦と共に否応無しに「中国人」となり、そして「台湾人」としての矜持と共に故郷の民主化の道を切り開いた。これを「数奇」と言わずして、どう表現しようか。
また、亡くなった7月30日は、奇しくも明治天皇崩御の日でもある。
李登輝氏は冗談を込めて自身をこのように表現していた。
「近代日本史の傑作、それが李登輝だよ」
彼は大正生まれだが、近代日本史というマクロで見れば、明治天皇と同日に天に召されたのは、「傑作」にふさわしい最期だと感じる。敢えてこの日を選んだのではなかろうが。

台湾史や政治に詳しくない日本人にとって、李登輝という人物の漠然としたイメージは、日本語を話す親日家のおじいちゃんという感じであろう。
しかし、それだけでは到底言い表せない。「台湾民主化の父」であり、一滴の血を流さず一つの「国」の「国体」を180度変えた「革命家」であり、「公」を(日本統治時代に続いて)もう一度台湾に根付かせるという哲学のもと、台湾を造り上げた「政治アーティスト」でもあった。

現在の台湾だけしか知らないと信じられないが、李登輝が総統になる前の台湾は、現在の中華人民共和国に勝るとも劣らない独裁国家であった。中華民国と中華人民共和国、どちらも「中国」なのだから当然と言えば当然である。
職場には秘密警察が派遣したスパイが忍び込み、密告(濡れ衣が多かった)により罪も亡き人々が牢獄につながれた。台湾にも、そんな時代があったのである。

そんな台湾に「民主」と「自由」という種を蒔いたのが、李登輝氏である。

1988年、中華民国に君臨した「二代目皇帝」蒋経国が死去し、憲法の定めのもと副総統だった李登輝が総統となった。もちろん、あくまで代理である。
全く予期せずして総統となった彼の周囲は、四方八方が煮ても焼いても食えない妖怪だらけであった。四面楚歌ではない、八面楚歌である。
「あんな奴、下ろしてしまえ」
政変の話は二度三度ではない。

しかし、それをどうくぐり抜けたのか、1990年に正式な手続きを経て総統に再任される。台湾史の「この時歴史が動いた」である。
「台湾民主元年」と私は表現しているが、個人的にはこの年をもって「台湾史」は終わり、その先は「現代台湾情勢」と区分している。

 

李登輝死すとも台湾民主は死せず

氏は著書でこんなことを言っている。

「李登輝がいなくなっても、台湾の民主主義は残る」

李登輝氏は亡くなった。が、そのDNAは確実に台湾の次の世代へと引き継がれている。

現総統の蔡英文氏は、「政治家李登輝の愛弟子」と呼ばれるほどのDNAの継承者。それ故、口の悪い私は2016年からの第一次政権を「第四次李登輝政権」「李登輝影武者政権」と表現した。
実際、李登輝氏が表に裏に「アドバイス」を行い、彼女も「師匠」である彼の声に耳を傾けていた。が、唯一守らなかったのが対日本。
蔡英文政権の初期は日本を「ガン無視」、メディアに対してもかなり冷淡な対応を取っていたという。台南市長時代から日本とのパイプを作るべく何度も訪日し、野党から日本に里帰りしてるのかと揶揄されていた副総統の頼清徳氏と較べ、良くも悪くも学者(人間関係の構築がヘタ)である蔡英文という個人としては、日本と関係を密にしなさいという「師匠」の教えに従わなかったその姿勢から、日本に全く興味がない、もしくは「切っても良い」存在だったのだと私は推察している。
しかし、それを聞いた李登輝氏が公の場でその姿勢を批判、個人的にも「弟子」を呼び厳しく叱りつけたという。彼女がツイッターで日本語の発信をしたのはその後からである。

他にも、彼が命がけで創り上げた台湾の民主と自由は、民進党の政治家を中心に引き継がれ、彼のDNAは確実に子や孫の世代につながっている。
台湾は良くも悪くも日本とは切っても切れない縁がある。血のつながった兄弟のようなものである。李登輝氏の思いだが、彼の「子ども」である台湾民主第二世代のホープたちがツイッターで日本語発信をして日本人にメッセージを送っている姿勢を見ると、その思いも次世代に引き継がれていっているように思える。

李登輝総統の後に総統になった陳水扁氏は、彼を「台湾民主号」という船の老船長だと表現した。その老船長は生前、このようなことを遺言したという。

「遺骨は玉山に撒いて欲しい。台湾を見守りたい」

船乗りが船上で死ぬと、水葬といい屍は海に葬られ緯度経度が記録され、そこが墓標となる。李登輝氏は民主船の老船長として「湾葬」され玉山から台湾を見守り続ける。
彼の死は台湾政治史の一つの終わりであろうが、それと同時に船の舵は、台湾の子や孫の世代に引き継がれた新しい航海への幕開けである。
いや、もう幕は上がっているだろう。

とりとめのない文になってしまったが、この文を以て李登輝さんへの追悼とする。

政治家としての李登輝氏の写真は、台湾の通信社のツイートをどうぞ。

タイトルとURLをコピーしました