手荷物がバージョンアップした話

香港華僑かばん その他雑想

飛行機の座席がアップグレードするという話は、聞いたことがあるでしょうか。ダブルブッキングが出た時やどうしても並びの席が必要な人がいるなど、航空会社の都合で席を譲ってあげる時に、席のアップグレードをしてくれることがあると。

これは実際にあるそうです。
エコノミーが満席という前提条件とのことですが、

・その会社のマイレージ会員だった
・スーツや礼装など、服装がアップグレードにふさわしい(欧州系に多いらしい)
・チケットが正規航空券だった
・本人がたまたま受付のおねーさんのタイプのイケメンだった(笑

などの条件により、エコノミーがビジネスになったりすることがあります。私も実際にアップグレードの経験があるのですが、今回はそんな自慢話ではありません。

 

香港夜景フリー画像

20年以上前に中国に留学していた頃のこと。留学先は南の広東省広州だったのですが、帰国は香港から。これが鉄板でした。これには理由があります。
当時の留学生にとっては香港は、「神様・仏様・香港様」な存在。吉野家あるぞ、無印良品あるぞ、そごうに大丸あるぞの、「天国に一番近い島」ならぬ「日本に一番近い都市」でした。

おまけに、香港は世界3本の指に入る国際自由貿易都市。香港とは、国際自由貿易都市とはを一言で説明すると、「街全部が免税店」。世界中のモノというモノが関税ゼロで入ってくるので、とにかく安い。

どういう流通経路なのか、日本のものが日本より安いなんてのもザラ。コンビニやドラッグストアに行くと、世界中の商品が所狭しと並んでおり、それらを見るだけで国際自由貿易都市とは何ぞやを実感できます。
北斗の拳実写版のような弱肉強食の中国に住んでいると、1分歩けばTwitter、3分歩けばブログネタが発生するくらいネタには困らない反面、身も心も非常に削られます。その疲れを癒やすオアシス、それが我々広東省在住者にとっての香港の存在感でした。

 

香港の海とジャンク船フリー画像

香港は、冬でも暖かいのが特徴です。
ちょうど広州市の少し上を北回帰線が通っているのですが、香港はもちろんそれより下。北回帰線より南は理論上の熱帯性気候なのですが、広州は冬が1週間くらいある程度であとはほぼ夏です。
ここ最近は、香港の山に霜が降りたりしているらしく(沖縄に雪が降るようなもの)、地球温暖化と逆行してどんどん寒くなっているそうですが、私が留学していた当時は1月でもふつうに半袖でした。

 

こういう話をすると、必ず

そんな(ほぼ)常夏なところで過ごせていいなー

とやたら羨ましがられます。

確かに、年がら年中新鮮な果物が市場に並び、中国一、いや世界一かもしれない食い倒れ、広州に香港が控えている。レストランでウーロン茶やプーアル茶を飲みながら、飲茶(ヤムチャ)のシューマイやチャーシューに舌鼓を打つ毎日。

しかし、長所と短所は表裏一体。1年のうち10ヶ月は日本より一回り大きいゴキブリがウヨウヨしているし、蚊は年がら年中ブンブン飛んでいる。おまけのその蚊、ただの蚊ではありません。マラリアとは言わないけれど、デング熱というおまけもついている。中国南部は紀元前から「瘴癘(しょうれい)の地(伝染病の総合百貨店)」と呼ばれ、恐れられていることを知るまい。

その蚊にゴキブリはMade in China、郷に入れば郷に従えなのか生命力がハンパなく、日本の殺虫剤くらいじゃビクともしない。○ねと殺虫剤などかけようものなら、
「この野郎、ナメた真似しやがって!」
と、ゴキブリの方が人間様に飛びかかってきます。
ゴキブリ退治の時は、映画の『ゴーストバスターズ』のような状態でした。バスターするのは、ゴーストではなくゴキブリでしたが。

さあ、蚊とゴキブリと伝染病と一年中戦う覚悟あるんですか?え?どうなんですか?
と問い詰めると、たいてい

そんなとこイヤだ~(泣)

と返ってきます。数十秒前まではあれだけ羨ましがってたのに、人間とはかくも勝手なものです。しかし、気持ちはわかる。

NEXT:さて、日本に一時帰国となった私だが…
タイトルとURLをコピーしました